FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Piguma05

Author:Piguma05
ようこそ、つらつらと飼育日記書いてます。
カナブンを中心に紹介しております。

メールはこちらから


昆虫 ブログランキングへ

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

余品販売ページ

    質問等ございましたら、お手数ですがメールにてよろしくお願いします。
メールはこちらから

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザナミ飼育記14

2014.03.01 04:11|サザナミG
020.jpg
関東の大豪雪、すごかったですね。今更ですが。
数十年に一度という事だったので、せっかくだからと外に出てみましたが、ここはどこだというレベルで積もっていました。

またサボっていたので、久々の更新です。


サザナミ幼虫 (2)
11月上旬孵化確認のサザナミ幼虫が2/5時点に絶好調で、写真以外にも26g、28gがいました。
なぜそっちの写真を撮っていなかったのか

やっぱりサザナミはマットでも大きくなりますね。GG程肉食傾向が強いようには思えません。
とは言えサプリを与えなければ大きくなり切らない事には間違いありませんが(笑)

なんて気分よく記事を〆られれば良かったのですが・・・
早期蛹化
おや?

11/1孵化確認、3/1時点で蛹室確認です。
パプキンじゃないんだから・・・

2/5のマット交換の時点で、随分と黄色い幼虫がいたのは気になっていたのですが、結構な数黄色かったので特に気にしていませんでした。
その結果12頭もの個体が蛹室を作っていました。

Gの蛹化に気づかなかったなんて、経験者にとっては有り得ない状況かもしれませんが、そもそも
サザナミのワンダリングって必要なの?
という馬鹿みたいなコンセプトで作成したマットであった為、ワンダリングを一切させずに蛹化させるという点では成功しています。


同じような早期蛹化をGGの方でもやっている為、今回の原因はそちらであると考えています。

「体重に十分条件のラインがあり、そこに到達していれば幼虫期間の長さは関係無く蛹化してしまう。」

というのがG種に関する見解です。
このラインを突破した幼虫を、いかに長い事引っぱり続けられるかで羽化サイズが決まってくるような気がしています。
まだまだデータが足りませんが、これは適当な事でもなんでもなく、核心に近い法則であると考えています。

蛹化した12頭は全て♂18g付近・♀16g付近の幼虫で、蛹化していなかった幼虫は全て2/5時点で20gを超えていた幼虫です。
ですので、サザナミのラインは♂18g・♀16gがラインなのかな?と言った所です。
次からはこのラインに近づいた時点で、飼育法を切り替えないといけません。

サザナミ割っちゃった
途中で蛹室を一つ壊してしまい、オアシスで作り直しました。
露天蛹にこれをやっても意味はありませんが、蛹室を作った個体に対しては有効です。

以前GGでも一つ割ってしまいましたが、無事に羽化してくれました。
Gは一度しか蛹室を作れない為、ついつい掘り起こしてしまう人には必要な知恵だと思います(笑)


今回は早期蛹化という事以外は満点で、羽化さえしてくれれば問題はありません。
羽化してくれないと、来季も成虫余品が出ません(笑)

1ペア揃えば勝ちな種類ですが、成虫の余品が出るほど揃えるのは難しい種類です。
上手くいく事を祈るばかりですね~

では今回はこの位で。
久々に飼育法に関してツッコんだ記事を書いたと思います。多少コマめに記事を更新していく・・・つもりです。
それでは~
スポンサーサイト

コメント:

No title

我が家のサザナミはまだ幼虫です。
めんどくさくて重さを測っていませんが……。

マットだけでもまあまあのサイズにはなるのですね~。
ワンダリングの防止について気になります。
やはり暴れない方が幼虫の為にもいいと思いますので……。

Re: No title

こえださん

こんにちは~

幼虫なのが普通です(笑)
ちょっとコイツ等早すぎます・・・

体重計測は割と大事だと思い始めました。
2週に一度計り個体ごとにグラフを書くと、サプリ食いの波もわかりやすく、食べ残しが出ません。
恐ろしく面倒くさいという事以外は完璧です(笑)

サザナミに関しては初めての飼育の時からワンダリングをしない個体が一定数おり、全てをそのように出来ないかなぁと思った所上手くいきました。
体重は並な個体ばかりが蛹化していますが、ダイエットしていないのでどれも蛹室が大きいです。
残念ですがGGとは大きく生態が違うなと感じているので、向こうに転用は出来そうにありません。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。