06 | 2018/07 | 08
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Piguma05

Author:Piguma05
ようこそ、つらつらと飼育日記書いてます。
カナブンを中心に紹介しております。

メールはこちらから


昆虫 ブログランキングへ

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

余品販売ページ

    質問等ございましたら、お手数ですがメールにてよろしくお願いします。
メールはこちらから

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G.g飼育記1

2013.12.25 03:13|ぶんぶん
私のブログは大体適当な事を書いていますが、G.gに関して特に適当だったので書き直しました。
以前の記事を再編集して出そうかななんて思いましたが、面倒なので最初から。

Gg♀
本種の羽化の喜びは何事にも変え難いです。
新成虫ですが、活動開始からずーっとゼリーを食べているので胸部が汚いです。

昔の記事で
「簡単じゃね?」
とか言っていたような気がしますが、そんな訳も無く。
どうにかこうにか、羽化率6割です。個人的には後食が一番難しい・・・

Gg♂
5月蛹化で12月下旬羽化確認、活動開始は2月位かな?
小さい個体なのに羽化まで随分時間がかかっているような気がしますね。なんでだろう。

Gg前蛹
上の個体の兄弟で、5月下旬に蛹室を確認したのに未だに幼虫やってる個体がいます。
死んでると思ったら、生きているようです。羽化するのか?
穴を塞いでしばらく放置しますが、期待出来ませんね(笑)

蛹の期間が長かったりこういう個体が出たりと、蛹の管理法を変える必要がありそうです。

Gg幼虫
わからない事も多いですが、飼育技術自体は幾分か向上しており、いつまでもしがみついていたマット飼育に光が見えてきました。
勿論蓋の重さは入っていません。

60g超え!と大喜びしていた幼虫がすぐにワンダリングを始めた為に凹んでいたら、全く期待していなかった幼虫が66gになっていました。サプリもほとんどサボっていた個体なんですが。
幼虫の色から見てワンダリングまでにはまだ1月~2月程余裕がありそうなので、目指せ80mmup!
後10gあれば行けると思います(笑)

次の幼虫では初令からサプリを与えて、更なる大型化を狙います。


最後にメリークリスマス!
思うように事が進まず、今年は頭の痛いクリスマスです。

それでは~
スポンサーサイト

コメント:

No title

 Piguma05さん、こんばんは。タテヅノと申します。
 綺麗な♀ですね。私もブリに挑戦して、なんとか二桁幼虫を確保できましたが、まだまだ分からない事の多いブンブンみたいですね。ひとまず羽化を目標にやっております。
 次回記事、楽しみにしております。

No title

こんばんは。

私の家にいる個体はまだまだ幼虫やっていますから、
羽化の画像を見ると待ち遠しいですね。
うずうずします。

繭の隙間から見える新成虫の美しさは特筆物ですね。

次回の記事も楽しみにしていますね。

Re: No title

タテヅノさん

こんばんは~

この♀はf.albatusで固定されているラインの幼虫を頂き、羽化させた物です。
私が所持しているもう一つのf.albatusラインとは赤色部位の位置が違うので、どこかで血を混ぜられればクワドリもいけるかな・・・と野望があります(笑)

ブリードに関して産まない個体は、そもそも幼虫時の管理に問題があるように思えます。
きちんと産む♀を羽化させられるようになれば、おっかなびっくりでブリードをしても30頭位は簡単に採れますよ(笑)
最初に手に入れた成虫のブリーダーが腕の立つ方で、初めてだと言うのにボロボロ産んでくれました。
私もそういうブリーダーになってみたいものです。

Re: No title

こえださん

こんばんは~

繭を割る瞬間が一番楽しく、緊張します。
成虫が見えたときの喜びは一入ですが、真っ黒の何かが見えたときは泣きそうになります(笑)

羽化しているからと言って繭から無理やりだしてしまうと、私の場合は大抵後食に失敗して死んでしまうので、引っ張り出さないように我慢するのが大変です(笑)

こんばんは^^

こんばんは~

ゴライアスの繭って意外と小さいんですね~Σ(゚д゚;)
よく不全が起こらないものですね。^^

後食はそれほど難しいのですか?
思わぬところに落とし穴があるんですね!

80UP出るといいですね~^^

Re: こんばんは^^

ゆうすけさん

こんばんは~

アフリカのカナブンの多くは狭い蛹室を作りますが、G属は中でもかなりキツめに入っています。
写真の個体はサイズも小さいので際立ちますね(笑)
このせいか、カブクワに使うような人口蛹室ではまず羽パカになりますよ~

後食が早すぎると内臓の準備が整わないのか、ゼリーを食べ始めて2,3日で死んでしまいます。
お尻の辺りが汚れて、やや刺激臭がしますね。
かと言って後食にビビってゼリーを与えないでいると、ポックリ餓死しています。
お尻から白い排泄物が出た後からゼリーを与えると良いと聞きますが、割り出してしまった個体はこれが出た後にあげても死ぬことがあります。

結局は羽化を確認して以降は我慢して触らず、お腹が減って自分から這い出してきた個体にゼリーを与えるのが安定します(笑)

色々と手間のかかる種類ですが、だからこそ本種の羽化は嬉しいです。
完全攻略からは程遠く、野生と比べればサイズも貧相ですが、燃えてしまいます。
まだまだロマンの残る種です(笑)

ゴライアス

こんにちは
ゴライアスかっこいいですね

最近ワイルドゴライアスがやたら売りに出てますが解禁でもあったのでしょうか?

こちらとしてはワイルドゴライアスから生まれた格安な幼虫が得られたらいいなと思う程度ですが

Re: ゴライアス

たらんどぅすさん

こんにちは~

やはりハナムグリの王者だけあり、カッコいいですね。
この種は相変わらず解禁されていないので、ヒメカブトなんかと同じような日陰虫である事に変わりありません(笑)

いよいよ野外品成虫がオークションやショップに並び始め、嫌なチキンレースが始まったという印象です。
お金になるのはよくわかりますが、事情を忘れて利に走りすぎかもしれませんね。

なんにせよ、堂々と野外品と書いて売りとばすのはどうかと思います(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。