06 | 2018/07 | 08
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Piguma05

Author:Piguma05
ようこそ、つらつらと飼育日記書いてます。
カナブンを中心に紹介しております。

メールはこちらから


昆虫 ブログランキングへ

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

余品販売ページ

    質問等ございましたら、お手数ですがメールにてよろしくお願いします。
メールはこちらから

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホシボシツノカナブン飼育記1

2013.04.24 00:32|ホシボシツノ
ホシボシ幼虫
念願叶ってホシボシツノカナブン幼虫を頂きました(笑)
以前に一度だけ幼虫が売りに出ているのを発見したのですが、迷っている間に売り切れてしまったんですよね~
改めてありがとうございます。

流通している本属は
Amaurodes passerinii linnei
Amaurodes passerinii nyanzanus

の2亜種が存在しますが、今回手に入れたのはハイブリッド個体です。
というかこの種の純血は国内に存在するのか?カナブンはこの手の話が多いですね。

親画像も頂いたので使用しますが
hoshi_03.jpg
此方がlinneiタイプです。
黄色スポットになるのが特徴なようで、タンザニアの虫です。

hoshi_01.jpg
そして此方がnyanzanusタイプです。
赤スポットになるのが特徴でザンビアの虫です。胸部は濡れているだけですね。
こっちの亜種は過去にもWD成体がペアで流通した事は無いのかな?この亜種はレアだみたいな記述を見ます。
綺麗ならどちらでも良いのですが(笑)

アフリカ艶消し種共通の独特な感じがたまりませんね。
最大で45mm程になるようですが、大型で羽化している個体はあまり見かけません。ハリシのように、飼育品を大型化させるには多少コツがいるのかもしれません。
色々と試行錯誤してみますが、とりあえずは累代を目標に。


では今回はこんな感じで。
次回は何にしますかね~、決めていません。
それでは
スポンサーサイト

コメント:

No title

Pigumaさんにお渡ししておけば、私は失敗しても大丈夫ってことですねw

羽化の方、よろしくお願いします!(爆

たぶん両方のタイプが出てくると思うのですがどうなんでしょうか?

元々nyanzanusタイプはハイブリからの固定でしたのでタイプ別に固定できそうですね

Re: No title

takaさん

こんばんは~
初飼育ですのでそんなに期待されないで下さい(笑)

皮算用になってしまいますが、タイプ別の固定も楽しそうですね。不思議と色が混ざった個体の写真は見つけられなかったので、明確に別れてくれるという事でしょうか?
今から楽しみです、本当にありがとうございます~(笑)

No title

こんばんわ

どんどん増種してますね
楽しみです

私はアジアのカナブンを攻めていこうと考えてます
クワガタコガネも手に入れました
テナガコガネが解禁されたら素晴らしいんですがね

そんな日を夢みてブンブンのブリードに励みます

Re: No title

たらんどぅすさん

こんばんは~

去年から目を付けていた種は大体揃いましたね。
流通量の関係で、欲しいと思った種はその時に手に入れなければ次は無いと学びました(笑)
後はイカリツノが欲しい所です。輸入許可種ですので誰か入れても良いと思うのですが、元々人気が無い種だったようなのであまり期待は出来ませんね~。自分で動くしか無さそうです。

独特のデザインと言うとアフリカ種が目立ちますが、実はアジア種も独特なのは多いんですよね。
クワガタコガネも顎が可動したり、成虫の餌が繊維質の野菜を好む等かなりの変わり種ですが(笑)

生体流通の有無に関わらずに列挙すれば

ソリツノカナブン:Cyphonocephalus olivaceus
タテコトアオカナブン :Narycius opalus
ガビサンツノハナムグリ:Neophaedimus auzouxi
アノーウスイロカナブン:Platynocephalus arnaudi
キモンツノホソカナブン:Dicheros bicornis decorus
トンキンツノカナブン :Herculaisia melaleuca

後は勿論カブトハナムグリの類で奇抜な種もおりますし、割と出回っている中でもワリックやファンムラサキ、スペキオーサ等魅力的な種はたくさんいますね。
今年の設備投資は全てアフリカ種向けに行うつもりなので、アジア種に深く手を出すつもりはありませんがいつかは手に入れたい種がゴロゴロいます(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。