FC2ブログ
06 | 2019/07 | 08
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Piguma05

Author:Piguma05
ようこそ、つらつらと飼育日記書いてます。
カナブンを中心に紹介しております。

メールはこちらから


昆虫 ブログランキングへ

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

余品販売ページ

    質問等ございましたら、お手数ですがメールにてよろしくお願いします。
メールはこちらから

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッツ標本

2013.10.21 20:25|標本
クラッツ♂67mm
少し可愛そうですが、マイギネスとしても恥ずかしくないサイズだったので〆ました。
1度位使用してから〆ても良かったのですが、クラッツはすぐスレてしまいますからね。

サイズはピッチリ測って67.1mm、予想通りでした。

比較
70mmのWDと比べてもさほど見劣りしませんね。
頭角はやはり圧倒的ですが。

クラッツ (2)
比べてみて初めて気づいたのですが、前足の形状が大分違います。
WDは下に向かって大きく反っていますが、今回羽化した個体は特に反っている様子はありません。
環境に何か関係があるのでしょうか?

では今回はこの位で。
次回は何にするか未定です。
それでは~
スポンサーサイト

カシクス標本

2012.12.13 23:24|標本
カシクス標本♂1
インセクトフェアで購入したカシクスの標本が固まりました。
どうにもアフリカ昆虫は固まりにくいですね。偏見にあふれた見解ですが、水分が逃げにくい構造にでもなっているのでしょうか?(笑)

それにしても綺麗な種ですね、美品も欲しくなってきてしまいます。

というか後ろのGGデカいなぁ・・・
こんなのが羽化したら面白いんですが、一体何を食べてこんな大きさになっているのでしょうか?
誰か攻略した方はいるのですかね?(笑)

それでは今回はこの位で。

ウガンデンシス

2012.02.29 00:23|標本
今回は標本を書いていきましょう。

ウガンデンシス標本
果たしてこれが正しいのかわかりませんが、自分は3~4度纏足を行います。
一度でパッとやってしまうのが良いかもしれませんが、針が多くなりすぎて細かい調整が出来ないのが嫌なんですよね~
画像で見てわかると思いますが、触角や爪に針がはいっていませんからね~


死体を回収して、爪・触角等の固まるのが早い箇所を最初に纏足。大きな虫でも2日もあれば固まります。
そして仮止めをして冷凍庫に突っ込んで1週間程放置、その後取り出して大まかに纏足をして乾燥剤と一緒にまた冷凍庫に1週間程放置。
これが終わって、ガッツリ纏足をして乾燥剤と一緒に冷凍庫で固まるまで放置。

薬品処理をしない標本は大体これで作っております。
1ヶ月程度冷凍庫で放置してから纏足をする方が良いと聞きますが、ちょこちょこ取り出して纏足を行えば軟化の必要が無いので楽なんですよね(笑)


本当に綺麗な標本を作りたいのであれば、羽化直後の個体を酢酸エチル等の薬品で絞めてしまうのが良いのでしょうがね~


それでは今回はこの位でしょうか?
デュポンチャヌスの標本が欲しいんですよね~、ビッタとかに売ってるのかな?探してみましょうか~

ゴライアス

2011.10.27 00:04|標本
こんにちは
今回はシロヘリの到着までに若干時間があるのでざっと書く感じです~

IMG_0145.jpg
ゴライアスオオツノハナムグリ

個人的には好きな甲虫ですね~、大きさは90mmあるかないか位です。測ったら100mmいくかいかないか位でした。
一応ゴライアス・アカピリス型の個体になるんでしょうか?まぁ尻に白いヘリが無いのでゴライアス・ゴライアス型と言っても問題はない程度の個体です。
2004年のインセクトフェアで購入したんですけどね~、当時の自分には再纏足の技術は無くこのまま放置。

せっかく昆虫熱が再燃したので、再纏足の方をしてみました。お湯で茹でる所が一番見どころなんですが・・・
予想以上に油と汚れが出てそんな暇ありませんでした。
高温でも良かったのですが、若干古い標本という事もあり50度ちょいのお湯に2時間つけてみました。

そして再纏足後の写真がコチラ
IMG_0176.jpg
汚れが落ち切らなかった・・・
この後ジョイ君を薄めたお湯に再度つけなおし、軟質の筆で洗浄を行いました。
流石にプロが防腐処理をしていても長い年月ケアも無しだと汚れてしまうものなんですね~


そしてこれが汚れが落ちた後の写真
IMG_0177.jpg
綺麗!!
心なしか全体の黄ばみも落ちました。若干灰色に見えていますがそれは湿っているだけです。
ジョイ君で洗浄した後、上翅を引きはがして内側の掃除もしております。
ハナムグリは上肢が開かずに飛ぶので・・・傷をつけないよう開けるのに苦労しました。


そして再々纏足後がこちら
IMG_0178.jpg
久々の標本作りにしては中々上出来じゃないかな?
フ節・アンテナ欠けが無い標本をわざわざ買っていた所に驚きましたw

やっぱりハナムグリの王者という感じですね~。植防法もありますが、ブリード個体は大きくならないってのがセオリーみたいなのであんまりこのハナムグリを飼ってみたいとは思いませんね。標本だけで十分な感じです。
個人的にはレギウスが好きだったり・・・まぁ、纏足済みの高いのばかりで未纏足品はあまり見ないので手元にくる事はなさそうです。


さて、今回はこんな感じです。
シロヘリが届くまでのつなぎなので適当ですみませんm(_ _)m
それでは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。