10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Piguma05

Author:Piguma05
ようこそ、つらつらと飼育日記書いてます。
カナブンを中心に紹介しております。

メールはこちらから


昆虫 ブログランキングへ

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

余品販売ページ

    質問等ございましたら、お手数ですがメールにてよろしくお願いします。
メールはこちらから

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロイスオオビロード飼育記6

2014.04.15 00:14|C.プロイス
プロイス羽化
WF1成虫がなんとか羽化しました。
12年の5月の幼虫ですので、丸2年かかっています。

プロイスビロード
しばらくして固まった成虫がコチラ。
全くスレが無いプロイスというのは、上翅にうっすらと真珠層を帯びるようです。
本当に美しい虫です。

プロイスビロード2
きちんとサイズを測ってみた所、47.5mmとそこそこ大型なのですが、頭角が小さいです。
この位あれば頭角先端がもっと扇子のように広がるはずですが、広がらずに分厚くなっているように思えます。

やはりこの虫も、本来は1年1化なのかなぁという印象を受けます。
完全攻略までは中々苦労しそうな種です(笑)


プロイス52mm
プロイスも50mmを超えてくると、迫力が段違いです。

写真の個体で52mmで、頭角の発達も良いですね。
上の角が牛みたいです。

プロイス52mm比較
たかが50mmと思うかもしれませんが、小さな個体と比べれば差は歴然ですね。
ガタイの良いカナブンなので、同じ大きさのカナブンより迫力があります。


本種はやはりウガンデンシスやハリシ等と違い「カナブン」の枠から抜け出せない種ですが、体表の美しさが頭一つ出ています。
写真では伝わりにくい部分なので、実物を手にした人にしかわからない美しさ…

blue.jpg
おや?この色は?


まだまだ秘密事が多いです。


では今回はこの位で。
次回はクラッツです。
それでは~
スポンサーサイト

ニジイロ飼育記16

2014.04.06 18:47|ニジイロ
ニジイロ ブルー2
青黒系のニジイロが、今度はブドウみたいな色になってきました。

ブリードに使用した♀は全て落ちましたが、この♂のみは元気に生きています。
結局ノーマルや白目含め7♀程に使った個体ですが、フセツ欠けも無く、種切れも起こさず。

中々のアタリ♂だったようです。

ニジイロ ブルー
去年末には微かにブルーのパーツも残っていましたが、今はすっかり黒色です。
いつかの記事に書いたように色彩が変異していくニジイロですが、最後はこの色なのかな?

今季は是非とも、ブルーなままのニジイロを大量に並べて写真を撮りたい所ですね。


では今回はこの位で。
次回はビロードです。
それでは~

ウガンデンシス飼育記29

2014.04.02 15:42|M.t.ウガンデンシス
77mmウガン1
手持無沙汰だったので、適当に繭を割っていたらデカイのが出てきた。

77mmウガン3
見栄えが良くなってくるラインの、65mm前後の♂と比べれば差は歴然です。

77mmウガン2
しかも中々のイケメンです。
この♂のおかげでモチベーションが上がったので、そろそろちゃんと飼おうかと思います(笑)

野外では90mmに届く事もある種なので、85mm位までは飼育でも出るのかなぁと、最近思っています。


最近ウガンとハリシを交互に書いているだけになってきましたね。
いい加減ニジイロを書きたいのですが、幼虫ばかりなのでイマイチ書く気が上がりません。

今回はこの位で。
次回は久々の種でも書くつもりです。
それでは~

ハリシサスマタ飼育記7

2014.03.14 21:21|M.ハリシ
black♀
おぉ(笑)
黒いハリシが羽化してきました。
別亜種には少ない割合で真っ黒のハリシが存在すると知っていましたが、ssp.eximiaにもいたのですね(笑)
欲しかったカラーなので、ツイています。

わかりにくいですが、上翅は深緑では無く焦げ茶が下地です。

派手さは無いですが、クラッツのようなカラーリングでカッコ良いです。
この個体は胸部のみですが、上翅の下地まで真っ黒なf.haroldiなんかが羽化してくれたら非常に楽しそうです。

ハロルド♂ (2)
そういえば心配でしたが、ちゃんと頭角は前に伸びてくれました。

ハロルド♂ (1)
威嚇しているようですが、あまり迫力はありませんね(笑)
ハリシは可愛いカナブンに入る部類かもしれません。

早速後食も始まっている個体もいますが、性成熟には時間のかからない種類なのかな?
念のため1,2週間程おいてからセットしてみるつもりです。


では今回はこの位で。
ニジイロは次回です。
それでは~

ウガンデンシス飼育記28

2014.03.08 16:49|M.t.ウガンデンシス
ウガ繭を割っていたら
ウガンブルー1
おっ と思える個体が出ました。
柄では無く頭です。

ウガンブルー2
前回の頂き物のブルーベタがあまりにもイケメンだったので、ガタイの良い♀と掛け合わせておいたのですが、1頭だけカッコいいのが出てくれました。
複眼の上の出っ張りが、扇子のようになる個体は見栄えが良くて好きです。

ウガングリーン
普通の個体ですと、出っ張りはこの位ですもんね。

ウガングリーン2
勿論出っ張りが無いからと言って、カッコ悪い訳じゃありません。
サイズは69mm、上の青で72,3mm程です。

75mmは超えたかったですが、どの個体も似たようなサイズで進歩がありません。
80mmupは中々遠いです(笑)


では今回はこの位で。
次回はニジイロ?でも書こうかな。
それでは~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。